まるさんかくしかく

なんでもかく雑記

【シンガポール】世界三大がっかりスポットの『マーライオン』って本当にがっかりなの?

世界三大がっかりスポットと言われているシンガポールマーライオン

 

初めてシンガポールを旅行した時に見に行ったのですが、結論、全然がっかりじゃなかった!

 

シンガポールに行く機会があったら是非見に行ってくださいね!ということで今回は『マーライオン』をご紹介します。

 

 

マーライオン』を見に行こう!

 

ヘリックスブリッジ(The Helix Bridge)を渡る

旅行1日目は夕方に到着したので、食事などを楽しみ就寝。翌日朝から早速マーライオンを見に行ってきました。

 

宿泊したのはマリーナベイ・サンズ、そこから徒歩で向かいます。

マリーナベイ・サンズからマーライオンまでは徒歩で約20分

 

ヘリックスブリッジ(The Helix Bridge)という橋を渡るルートで行ったのですが、シンガポールによく映えるデザイン性の高い橋で感動しました。

ヘリックスブリッジは螺旋状のアーチに覆われている歩行者専用の橋です。マリーナ湾を見ながら渡れるので、観光としてもおすすめ。展望スペースもあります。

 

f:id:asahi_maru:20211026130833j:image

見上げるとこのようなアーチがずっと続いています。

とってもユニークな形状。

マリーナベイ・サンズと橋を一緒に写真におさめるとこんな感じ。

f:id:asahi_maru:20211031001243j:image

世界初のらせん橋だそうで、シンガポールのビルにマッチしています。

 

マリーナベイ・サンズが夜に行う噴水ショー(スペクトラ)もここから綺麗に見えそうです。橋がライトアップされる時間に夜景を見に行くのもいいですね。次回は夜の散歩で行ってみたいと思います。

 

対岸にマーライオンが見えるので、目指して歩くのが楽しい橋でした。

 

ザ・ショップス アット マリーナベイ・サンズというショッピングモールへのアクセスにも便利な橋です。利便性に優れているので、シンガポールに行った際は是非この橋を通るルートで観光してみてください。

 

ザ・ショップス アット マリーナベイ・サンズについてはこちら↓

asahi-maru.jp

 

 

橋を渡って湾岸沿いを歩いて行くと

f:id:asahi_maru:20211026130926j:image

見えてきました。目的地のマーライオン公園』です。

マーライオンはよく思ったより小さいと言われていますが、確かに少し小さいかも?と、遠目では感じます。

 

さて、実際はどうなのでしょうか?

 

マーライオン公園

マーライオン公園に到着しました。はじめましてマーライオン

f:id:asahi_maru:20211026130823j:image

シンガポールに来た!感があります。

 

問題の大きさですが、確かにすごく大きいわけではないけどがっかりするほど小さくはない。シンガポールのシンボルとして充分な魅力があります。

マーライオン公園』のマーライオン
・高さ 8.6メートル
・重さ 70トン
 
8.6メートルあるので目の前で見るとかなり大きいです。
 
遠近法でマーライオンの水を飲んでいるように見せる写真も撮りました。
まわりもやっていたので定番の撮影方法なんですね。景色もよくていい観光スポットです。
 

f:id:asahi_maru:20211026130850j:plain

対岸のマリーナベイ・サンズも綺麗に眺めることができます。
この組み合わせはシンガポールに来たら見ておきたい!
 
マーライオン公園周辺にはランチができるお店などもありとても賑やか。いるだけで楽しい雰囲気です。
 
そして、マーライオン公園にいるもう1頭のマーライオンがこちら
f:id:asahi_maru:20211026130839j:image
『ミニマーライオンです。
 
ミニマーライオン
・高さ 2メートル程
・重さ 3トン
 
一緒に写真を撮るのにぴったりな大きさ。このミニマーライオンを眺めながら一休みするのもよいですね。
 

セントーサ マーライオンマーライオンタワー)

シンガポール島の南にあるセントーサ島

レジャー施設が揃っており、海沿いにはおしゃれなカフェもあります。

シンガポールにきたらはずせない観光スポット。個人的にはセントーサ島のホテルがすごくよかったのでまた行きたいです!

 

そんなセントーサ島にいたのがシンガポールで一番大きなマーライオンマーライオンタワー』です。

f:id:asahi_maru:20211026130846j:plain

なぜ、「いたのが」なのかというと・・・このマーライオンタワーはセントーサ島の観光開発のため2019年に取り壊されてしまいました。

 

 

マーライオンタワーは中に入れることでも有名でした。高さはなんと37メートルもあり、展望台としても活躍。

 

寂しいですが、観光開発のためということでこれからのセントーサ島を楽しみにしておきたいと思います。

 

まとめ

シンガポールマーライオンがなぜ世界三大がっかりスポットのひとつとされているのか?

マーライオン公園のマーライオンを工事(清掃)している期間に行った人がいたからかなとも考えられますが、がっかりしたかどうかのとらえ方は人それぞれ。

 

もしかしたらがっかりという前情報をもっていくと余計に「全然がっかりじゃない」となるかもしれませんね。

 

f:id:asahi_maru:20211101212412j:plain

記念にしっかりお土産も購入。

 

マーライオン以外にも魅力あふれるスポットがたくさんのシンガポール

見どころが多すぎてなかなか全部は周りきれないかもしれませんが、やっぱりマーライオンは見ておきたいよね!という方、旅行の思い出作りに是非マーライオンを見に行ってくださいね。